忍者ブログ
RECENT COMMENT
RECENT ENTRY
(06/12)
(05/14)
(05/08)
(05/07)
(04/29)

監督の部屋

監督山崎からの熱いメッセージと語りかけを掲載します! 今のチームのあり方や、今後に対する意気込みと方針をどんどん発表していきますので見落とさないよう、しっかり読み取って実践しよう! 基本、コメントは受け付けませんので、グランドで表現しよう!
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
BG CHANGE
CLICK HERE!

05.24.13:00

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/24/13:00

04.25.19:39

大きな壁

昨日ののじぎく大会にて…。あと1点あと1アウトが取れない。たったあと1点たったあと1アウトである。しかしこのたったが難しいのである。たった=当たり前の事を当たり前にすると言う事だと思う。
我がチームの大きな壁である。この大きな壁を乗り越えなければ夏はない。

自分を信じ仲間を信じひとつになって共にこの大きな壁を乗り越えよう。次の試合ではチームのテーマである『つながり』であと1点あと1アウトをみんなで勝ち取りましょう。





『あいつの為は自分の為に もなる』

PR

04.18.23:43

チャリティ大会を終えて

昨日はチャリティ大会があり、お父さんお母さんそして野球が出来る事に感謝し被災された少年野球仲間に勇気・元気を与えらることが出来たでしょうか
野球出来る事に感謝しようとする事お父さんお母さんに感謝しようとする事
感謝しようとする取り組みが大切で大事な事だと私は思います。
大会の方は4試合とも良い試合が出来ました。
私がトイレであじいちゃん達から久しぶりに良い試合を見せてもらいましたとお誉めの言葉を頂きました。今回のチャリティ大会は大成功に終わった様に思います。義援金の方も予測をはるかに上回る金額となりました。これもやはり大会を行うまでに代表・スタッフ・父兄様のすばらしい団結力と取り組みがあったからこそです。本当に有難うございました。
又、各チーム但馬ベース・新星クラブ・朝来ボーイズ様ご協力頂き有難うございました。より一層のお付き合いの程宜しくお願い致します。

選手諸君へ
目標であった4月23日迄に100人集める事 達成出来たな。おめでとう。

次は私をどあげする事が目標かな?

『取り組み方が大切で大事 である。』

04.11.17:24

初心忘れべからず

昨日は急遽練習試合をしました。新1年生も試合をさせて頂き有難うございました。ぴかぴかの1年生はボールを必死に追いかけていた事でしょう。
この気持ちをいつでも忘れず頑張ってほしいものです。〔初心忘れべからず〕ですよ。1年先は2年先がどう成長するか楽しみです。

そんな中レギュラーチームは相変わらずただ試合をしているだけ…。
2試合目なんてダラダラ状態
3年生はあと数ヵ月しかこの仲間と野球が出来ないんですよ。今日と言う日は2度とこないんです。
1日1試合もっと大切にしてほしいものです。
もっとがむしゃらに。
3年生諸君も〔初心忘れべからず〕ですよ。
さー今週末は兵庫県北部の中学硬式野球チャリティ試合です。
今一度野球が当たり前の様に出来る事に感謝し、そして被災された野球仲間に勇気・元気を与えられる試合にしたいものです。


『相手チームに元気を与えられるチームに』

03.30.18:22

練習のための練習になってはいけない

先般の練習試合では今ここの場面で何をやるべきか
どのような方法を使って等々選手間同士のサイン(ノーサイン)でやらせてみた。なかなか上手くいかない場面が多く選手一人一人が考えべく事があったように思う。
練習でのバントは上手く出来るが試合では上手くいかない。練習ではカーブを上手く打つが試合ではカーブを一球も打たない。守備練習では上手く出来るが試合になると全く出来ない。
一体全体何の為に練習をしてるのだろう。練習してきた事を試合でだせない。
何故だろうか?
答えは解っている。
そう!
〔練習の為の練習をしているからだ〕

たまにはノーサインでやるのもいいものだ。

さー今からずっと試合が続くぞ!


『頼まれ事は試され事、どうせやるならそれ以上の事をやってやれ』 中村文昭

03.24.08:04

復興を願う

東日本大震災で被災者が連日連夜TV で報道されていて胸が痛む思いです。少年野球の仲間達も被災し野球どころではない状況です。原発でも命をかけて作業に取り組んでいる方々もいます。グラウンドが仮設住宅地にもなってます。そんな中で私達に今何が出来るのか。今危機的状態にある中で日本人の力が試されている様に思います。日本が世界に誇れるのは人だと私は思います。今出来る事を少しでも被災者の為に行動しなくては又、その一心でチャリティ試合を企画し兵庫県北部の硬式少年野球チーム朝来ボーイズ・但馬BBC・但馬新星に声をかけたところ一つ返事で協力を得る事が出来ました。各チーム代表・監督父兄様に厚く御礼申し上げます。本当に嬉しい限りです。この活動が復興の手助け更には1ヶ月でも1日でも早く被災された野球少年に再び夢・希望を持てる事が出来ます様にと願います。

最後に選手達へ
選手と監督との約束100人達成出来るかも!

チャリティ試合
日程:4月17日
場所:植村記念球場
参加チーム:朝来ボーイズ・但馬ベース・但馬新星・豊岡ボーイズ

☆詳細は別途連絡します
<<< PREV     NEXT >>>